カテゴリ:自然( 34 )

青年の家にいこう(こどもクラブ)

f0052059_09194311.jpg  f0052059_09192438.jpgf0052059_09190935.jpg9月のこどもクラブの活動で三ヶ日青年の家に行ってきました。
浜名湖湖岸の生き物観察では箱メガネをつかって湖の中の生き物を観察します。何が見えているのかな・・・。ヤドカリやカニ、貝などが動いているのがよく見えます。
手にのせて見ると、キャーキャー大騒ぎ。ヤドカリを見るのも触るの初めてなんですって。浜名湖の近くに住んでいても触れる機会はないんですね。

後半はジェルアート製作。ガラスの器にきれいな砂をいれて、海岸で集めた貝殻や、ビー玉、スパンコールなどを入れてジェルで固めます。とってもきれいな飾りが完成しました。

1週間後、②グループの子どもたちが同じ活動に参加。湖岸に行ってみてびっくり。潮が満ちていて湖岸の広さが先週の半分もありませんでした。1週間で潮の満ち引きがこんなにも変わるんですね。
青年の家の職員さんは活動の前に、気象状況や湖の様子をしっかり説明してくださり、安全面での配慮がしっかりされていて安心して活動に取り組むことができました。
ありがとうございました。
[PR]

by jidoukan | 2016-09-21 09:35 | 自然 | Comments(0)

おおきく おおきく おおきくなぁれ

f0052059_16234986.jpg


  梅雨入り前の畑。地元の方の協力の元、サツマイモの苗をうえました。
 サツマイモってどんな形?おいもにはいろいろな種類があるね。
 里芋、じゃがいも、さつまいも・・・実際に違いを見せてもらいました。
 絵本を見ながら、サツマイモの苗のどこの部分がおいもになるんだろう・・・そんなことを考え、見て確認をしていよいよ苗を植えます。

  秋の収穫までには水やり、草取りをするんだよ。農家の小川さんが教えてくれました。
 大きく育って、秋にサツマイモとご対面するのが楽しみです。

f0052059_16241489.jpg


  そして、小川さんの畑のじゃがいもを収穫させていただきました。
  サツマイモはこの季節に苗を植えるけど、じゃがいもは今が収穫時期。土を掘るとゴロゴロと大きなじゃが  いもが出てきました。小さいまん丸のおいもは皮のまま食べるとおいしいよ~。
  みんなのおうちでどんなごちそうに変身したのかな?

   畑には宝物がいっぱいありますね。

 ご協力いただいた小川さん、ありがとうございました。
[PR]

by jidoukan | 2016-06-04 16:34 | 自然 | Comments(0)

葉っぱ星人

f0052059_9534181.jpg


10月のちびっこ広場の活動です。秋の落ち葉や草の実などを集めて『葉っぱ星人』を製作しました。
                     児童館周辺を散歩しながら秋を見つけます。

              台風が過ぎ去ったあと、落ち葉をたくさん見つけられるかな?


f0052059_9531653.jpg

                         何を見てるのかな?

                        大きなバッタを発見!!!

     
              かなり大きいのでみんなビックリ。バッタもびっくりして飛んで行ってしまいました。

                   これだけ大きいとかなりの飛行距離ですね。

f0052059_954688.jpg


               集めた落ち葉をつかって、早速『葉っぱ星人』の製作にとりかかります。

               シールをはっただけで、かなり表情がでますね~。

               みんな“秋”とおともだちになれたかな?
[PR]

by jidoukan | 2014-10-21 10:02 | 自然 | Comments(0)

キッズツアー2013

夏休みも最後の一日となりました。(三ヶ日の小学校)暑い日が続きましたが、夏しかできないことを楽しめましたか?児童館に遊びに来ていた小学生は楽しかった思い出をたくさん聞かせてくれました。富士登山、家族旅行、ディズニーランド、子どもだけの電車旅などなど・・・いろいろな経験をして、少し大きくなったようです。


        児童館では夏休み最後のイベント、『キッズツアー』に行ってきました。
        目的地はハウス食品静岡工場(袋井市)、竜洋昆虫自然観察公園です。

まずはハウス食品工場。ここはとんがりコーン、カレー等を作る国内最大級の工場です。今回はレトルトカレーを作る様子を見学しました。ガラス越しの見学でしたが、専用のキャップをしっかりかぶります。みんな興味深く見ていました。

終了後にはお菓子の試食、帰りにはお土産までいただき大喜びの子どもたちでした。


f0052059_12175764.jpg


次に行ったのは、竜洋昆虫自然観察公園(磐田市)です。公園で遊んだ後、館内でお弁当タイム。
食べ終わったら早速スタンプラリーをしました。館内、野外それぞれのポイントにはクイズがあり、それに答えながら園内を周ります。

展示してあった、ヘラクレスカブトムシを持たせてくれました。近くで見ると思ったよりも大きいです。
小クワガタの販売もあり、それを購入していた子もいました。

帰りには浜名湖サービスエリアによってお買いものです。それぞれのお小遣いの範囲で何を買えるのか考えます。低学年の子の中には自分でお買い物をすることに慣れていない子もいました。『お金たりる?』『これは買っても大丈夫?』と確かめながらお買いもの。お釣りをもらうのを忘れずに!!

明日からは2学期がスタート。あっという間の夏休みでしたね。今晩宿題に追われている子がいないことを祈ります・・・。
[PR]

by jidoukan | 2013-08-28 14:05 | 自然 | Comments(0)

秋のお散歩隊~電車deGO!!~

f0052059_9344111.jpg


              児童館恒例の秋のお散歩隊を行いました。

              天竜浜名湖鉄道にのってお出かけです。


   三ヶ日駅では職業体験に来ていた中学生のお兄ちゃんが切符にスタンプを押してくれました。


             自動改札が主流ですからこんな光景珍しいですよね。

子どもたちはもちろん無料・・・ですが児童館のボランティアのお姉さん手作りのこども切符を用意したのでみんなとっても喜んでくれました。天浜線の方にお願いして、こども切符にもパチンの印をしてくれました。

f0052059_935196.jpg


目的地は尾奈地区の為電車に乗るのは2区間で、ちょっと物足りない感じもありましたが、普段車でお出かけすることが多い子どもたちにとっては新鮮な出来事だったようです。


f0052059_9353710.jpg



          尾奈のお宮でどんぐり拾いをした後は集落センターでおやつタイム。


                    外で食べるのはおいしいね。

f0052059_9355336.jpg



             児童館にも職業体験のお姉さんたちが来ていました。

    始めは緊張していた様子ですが、この頃にはすっかりうちとけてこんなになかよしになりました。


      
[PR]

by jidoukan | 2012-11-20 09:49 | 自然 | Comments(0)

ちびっこプレーパーク

f0052059_142162.jpg


         昨夜の雨もあがり、日中の日差しがポカポカと暖かい1日になりました。

              今日はちびっこプレーパークを開催しました。

              お水は少し冷たいけれど、泥んこは気持ちがいいね。


f0052059_14213611.jpg


              お母さんたちが集まって井戸端会議?


              いえいえ、これはべっこうあめを作っているんです。


               お玉に砂糖と水を入れて火で溶かします。


               ぶくぶくなってきたところで、冷やすと出来上がり。


f0052059_1422456.jpg



                何回か経験済みのお母さんは、とっても上手!!

              初心者の私は大失敗に終わり、練り飴のようになってしまいました。


                 
[PR]

by jidoukan | 2012-11-12 14:51 | 自然 | Comments(0)

ちびっこプレーパーク

f0052059_11471272.jpg


                    プレーパークの会をご存知ですか?


                 子どもたちが自己責任で自然の中で自由に遊ぶのです。


         三ヶ日でも以前は活動していたのですが、時代の流れとともに現在は活動していません。


                それでも自然と関わる楽しさを知ってもらえたら・・・・


児童館では元三ヶ日プレーパークの会井口さんを中心に未就園親子を対象にちびっこプレーパークを開催しています。


                今回は泥んこ遊び。児童館前に大きな穴を掘って泥んこ池をつくりました。

砂遊びは得意でも、泥になると苦手・・・というお子さんもいましたが、一度泥んこになってしまうとこれがとっても楽しいのです。ぬるっとした感触がなんともいえません。

               全身泥だらけになって遊んだお子さんもいましたよ。

               たまには泥んこになってストレス発散をするのもいいですよ!!
[PR]

by jidoukan | 2012-06-22 12:13 | 自然 | Comments(0)

鍾乳洞探険

f0052059_1664378.jpg



               三ヶ日町内にある鍾乳洞「祥月洞」に探検に行ってきました。


            恒例となっているこの行事、今回は男の子8人、女の子3人で参加しました。


       三ヶ日町奥平山地区にあるこの鍾乳洞。観光地にある物とは比較にならないくらいワイルドです。


           3,4年生の男の子はモグラ道を通って、かなり奥までいきました。

          モグラ道はその名のとおり、子どもでも這っていかなければ通れません。

そんな事には全くめげない子どもたち。案内してくださった80過ぎのおじいさんも子どもたちの勢いにはびっくりしていました。


       地域の自然に触れ、またその地域の方との関わりをこれからも大切にしていきたいと思います。
[PR]

by jidoukan | 2012-06-16 16:17 | 自然 | Comments(0)

センス・オブ・ワンダー

                こどもクラブの活動の様子です。

     11月は『五感を使って身近な自然を感じる』をテーマに3つのゲームに挑戦しました。


f0052059_911655.jpg

             1つ目は目隠しをして福祉センターの周りを歩きます。
       耳・鼻・足の感覚・心・・・・それぞれでどんな事を感じるのか意識して歩きます。

             終わってからの感想をグループごとにまとめました。
    『風の匂いがした』『地面が固いところとグニャグニャしているのがわかった』『鳥の鳴き声がした』
    普段何気なく通り過ぎている感覚が、視覚を頼らないことではっきりと感じる事が出来たようです


f0052059_9112027.jpg

                           次は「ハビタット」。
森林、草原、川など自然の中にはいろいろな場所がありそれぞれ違った動植物が生息しています。その生息地の事を「ハビタット」と言います。

                       グループごとにハビタットを作り、発表しました。
  
                       写真のグループは「冬の森」を表現しています。
木のまわりを北風が吹き木の葉が舞い落ちます。木の役の子の周りにいた子が、くるくる回りながら離れていく様子がとてもかわいらしく、上手に表現されていました。
[PR]

by jidoukan | 2011-11-18 09:35 | 自然 | Comments(0)

浜名湖にて

                   暑い日が続いています。日中の日差しはまだまだ夏真っ盛りですね。

                   先日こどもクラブの活動で浜名湖の磯観察を行いました。

f0052059_15135262.jpg

       三ヶ日は浜名湖と猪鼻湖に面していているので磯の生物とは比較的なじみやすい環境です。

                  でもふだんの生活の中ではなかなか触れる事がないのが現状のようです。

                    今回の活動では磯にいる生物探しから始めました。

                    指導して下さったのは“プロジェクトWET”指導者の鈴木康之さん。
   
                    『水の中に入っていいのはくるぶしの深さまでだよ』。

                    この約束をしっかり守ってこそ楽しい活動になります。


              石をどかすとその下にはカニ、ヤドカリ、イソギンチャクなどの生き物がたくさん!!
                     フナ虫は早足で逃げていきます。
              フナ虫は磯のお掃除屋さんだからとっても大切な役割を担っているんだとか・・・。


f0052059_1514470.jpg


                    夢中になっている子はつい深いところまではいってしまいます。

                    監視役の方がしっかりと見張っていてくださり、声をかけてくれます。


                    生き物が暮らしていくために必要なものをみんなで考えました。

               『隠れる場所』『酸素』『食べ物』この三つが揃っていないと生きていけないんだよ。

 人間がこの環境を壊してしまわないように・・・。このメッセージは子どもたちにも伝わったことと思います。
[PR]

by jidoukan | 2011-09-13 15:27 | 自然 | Comments(0)